FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業で野球を教えるということ

2年目になって4校のうち2校でコンピュータの授業に加え
野球を体育の授業として教えています。

まだ始めたばかりですが体育なので夏休みにやっていた野球クラブとは
違い、皆が野球に興味があるわけではない中で授業をするわけで
結構苦戦しています。

先日はサンアントニオで去年一番接しやすかったクラスで
野球の授業をやったのですが担任の先生は他クラスのヘルプに
いってしまい自分一人に。
そんな状況で生徒たちが
「野球よりサッカーがしたい。野球やりたくない。」
などとストレートに不満をぶつけてきたのにはさすがにショックでした。
確かにベリーズでは野球はマイナースポーツで特に村では
全く道具もないので身近ではありません。

それでも前はソフトボールクラブが学校にあったということで
道具さえあれば興味を持ってくれるだろうと決め付けていた節が
自分にもあってこういったネガティブな反応は意外でした。

日本と違い体育といえば好きに遊べる時間という認識が強く
サッカーをやりたいと言ったらやらせてもらえるという
考えを生徒が持っているのも教育上は大きな問題です。
体育ももちろん教育なので。
ちゃんと意識して取り組んでいる先生も中にはいますが少数でしょう。

ただこちらとしても野球の道具があるからといって
週一と言えども毎度野球をやるというのは押し付けているだけで
学びも限られてしまうので子供の反応も見つつ
馬跳びや前転、後転などの器械体操などいろいろ試していきたいと思います。

<< ところ変わればということなのか? | ホーム | 怒涛の野球授業な一日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。