FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の先生がついに帰国

ほとんどブログでは書いていませんでしたが、
半年ほど前からアメリカ人の子と日本語英語の
エクスチェンジレッスンをやっていて
成果のほどは怪しいながらも
「ネイティブの英語に聞けるようにする」
という自分の目標に対しては良い練習の場でした。

そのアメリカ人のステイシーは環境団体で
働いて、前々からお金の面で厳しいので帰国して
他の団体に移ると宣言していたので覚悟はしていました。
ついにアメリカに帰ることになったということで残念ですが
こればかりは仕方ありません。

こっちに来て実感しているのが
アメリカ人やイギリス人が話すネイティブイングリッシュと
クレオールというブロークンイングリッシュが母国である
ベリーズ人が話す非ネイティブイングリッシュは
全く違うということ。

おそらくベリーズ人の英語だけをどれだけ聞いても
ネイティブイングリッシュは聞き取れるようになりません。

発音も違えばボキャブラリーの数も文の組み立て方も
違うのでベリーズ人の英語なら聞きなれている自分も
ネイティブ同士が話している会話なんかは全くついていけません。

ベリーズに来る前の段階では①「日本人の話す英語なら聞き取り可能」
という程度だったのが、
②「非ネイティブイングリッシュ話者の英語なら聞き取り可能」
③「ネイティブイングリッシュ話者が非ネイティブイングリッシュ話者
  に対して話すゆっくりと丁寧な英語なら聞き取り可能」
という段階に来ているのが今で、
目標としているのは
④「ネイティブ話者がネイティブ話者に話している英語の聞き取り可能」
というところです。

もちろんまだまだ②、③についても不完全なので単語も言い回しも
覚える必要がありますが、
やはり④をある程度クリアしたいです。
かなりハードル高いですけど。

幸い今住んでいるプンタゴルダには欧米人がたくさん住んでいて
友達も少しずつ増えてきているので自分さえやる気になれば
英語の授業としてでなくとも話す場は作れるので積極的に
コミュニケーションを取っていきたいと思ってます。

もともと英語ネイティブの国に行きたいと希望して選んだところも
あるベリーズなので誤算ではありましたが、
まあおおよそ結果オーライということで。

世界で活動する協力隊のブログが見られます↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

<< ここが変でしょ教員人事! | ホーム | ところ変わればということなのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。