FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここが変だよベリーズ教師②

前回は異動したはずの先生が遠くに行きたくないという理由で
帰ってきた話を書きました。

今回のテーマは長期休暇(Long Leave)。
ベリーズでは9年間教師として働くと3ヶ月の長期休暇が
もらえます。
9年ごとにもらえるのでずっと教師をやっていたら
結構な恩恵を受けることができます。

昨年1年間サンルイスレイで教頭をしていた先生がこの9月から
長期休暇に入っていて12月には帰ってくる予定でした。

ところがこの前の職員会議で、
Teacher Transitionというトピックになった時でした。

校長から一言。
「教頭M氏はガバメントの学校で働いているので
 ここには戻ってきません。」

なに!?
そんなのあり?

この長期休暇は有給なので今もこっちの在籍として
給料は出ています。それに加えて今はガバメントの学校で
働いているのでダブルインカム。

実際ベリーズでは副業をすることはよくあることで
副業をしなければ暮らせない、遊べないというくらいの
給料体系なのでこれは特に驚くべきことではないのですが、
長期休暇を明けたら戻ってくるのが普通。
でないと一体何のための休暇なのか分かりません。

「次の仕事を探すために3ヶ月休んで下さい。」
とはならないでしょう。

しかもこの教頭は来年から彼の地元であるサンホセの学校に
校長として異動することが決まっていたのでなぜこうなったのか
解せません。

我々が働いているローマンカトリックの小学校と
彼が今働いているガバメントの小学校は全く別の組織なので
異動ではなく転職。

他の先生と話しても特に皆驚いているような素振りも見せないので
よくあることなのかもしれませんが。

でもまあ正直苦手な先生だったので異議なし!

世界で活動する協力隊のブログが見られます↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

<< マヤ村には失明している人が多い? | ホーム | 魅力的な世界 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。