FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の壁再び~クレオール~

さすがにベリーズに1年半以上もいるので
相手が正しい英語を話してくれさえすれば
なんとか聞き取りは出来るようになりました。

学校やその他、街で話す人も大半が学校教育を
しっかり受けている人たちなので英語と
クレオールの区別がおおよそ出来ています。

クレオール語が何かというと、
現地に元からあった言語と後から入ってきた言語などが
混じり合って出来る言語の総称で
世界中にクレオールという言葉はあります。
あくまでも総称なのでベリーズのクレオールとアフリカで
話されているクレオールは違いますし、
またカリブ海のクレオールとも若干異なります。

ウィキペディアでクレオール語を調べてみると
たくさんの国で使われているのが分かります。
しかし、これだけマイナーな国も載っている中で
ベリーズについては記載が無いとはむしろすごい。
<クレオール言語ウィキペディア>


少し前に話したハイチ人が
「公用語はフランス語だけど、クレオールを話せる。
 でもクレオールも種類がいろいろあってバハマのクレオールは
 似てるけどベリーズとは似てない。アフリカのクレオールも
 一部は分かるよ。」
と教えてくれました。どうやら非常に複雑な話のようです。

で、ここベリーズでは公用語は英語ですが、
実質、クレオール語がメイン言語となっていて、
ベリーズ人同士は基本クレオールで会話していることが多いです。

この言語はブロークンイングリッシュの一種でもあって、
単語など英語から来ているものが多いのですが、発音がだいぶ
変わっているので想像しようにも似つかないものも多々。

更に文字として書こうものなら発音をそのまま表記しているので
(例 Love⇒Luv)完全に意味不明。

で、何が言いたかったと言うと
最近はソフトボールのコーチをしたり、いろいろで村の人とも
メールでやり取りすることが増えたのですが、
いかんせん彼らの中には小学校教育課程も終えていないまま
大人になっている人もいて、クレオールと英語の区別も
ついていないのです。
更に英語で書いてるつもりでもスペルと文法がめちゃくちゃなので
解読不可能だったり。
ということで、自分非常に困ってます。

今更、クレオール語を勉強する気もないし、
正直この言語を話したいとは思えないんですよね。

マヤ語などであれば言葉に味があって素敵だなと思えるのですが、
残念ながらクレオール語にはそれが無い。
もちろん個人的な感想です。

その一方でスペイン語の勉強に勤しんでいます。
こちらは結構頑張ってます。
分かり易いし発音が楽なので最高です。

その辺についてはまた今度。

世界で活動する協力隊のブログが見られます↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ

<< セルフヘアカットを続けて早1年半~ベリージアンが思うその境界線~ | ホーム | ベリーズ人は耳がいい? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。