FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヌーレース ルタマヤを写真でどうぞ

レース直後に少し書きましたが
今年も4日間180マイルの道のりを走破しました!

今年は一度も転覆せずに全日程で昨年のタイムを上回る
会心のレース。

今年もサポーターの皆さんに写真を撮ってもらったので
いくつか載せたいと思います。

まずはレース初日。レース開始一時間前に橋の近くに来ると
いっていたボートオーナーのトニーが30分以上遅れ、
ドタバタのスタート。
結局もう1艇は間に合いませんでした。
更に自分たちの2艇を運ぼうとするとなぜか1艇が違うボート。
トニーが間違えて貸し出していました。
ルタマヤ2014①

結局欧米人のチームがなぜかジャパンバナーの入った
ボートで出ることに。
これ実はその欧米人たちにとって困ることになるんです。
なぜなら大変ありがたいことにボートにジャパンバナーが
あるので観客の多くが「ジャパン!」と声をかけてくれます。
しかもうちらのボート(こっちは予定通りジャパンバナー有)が
先に通過してジャパンアピールを観客にして
観客にもしっかりインプットした後にこちらの
欧米人チームがジャパンバナーのボートで現れたら
当然ジャパンと声をかけるでしょう。
しかも4日間。
聞くと途中から開き直ってジャパン!と声援に応えていた
そうなのでまあ良かったのかな?

で、うちらも時間がないので急ぎます。
ルタマヤ2014②

初めに川を少し登らないとスタート地点にいけないので
いきなり必死に漕ぎます。
この時レース開始5分前。必死です。

なんとかレース開始2分前くらい?に
スタート地点に辿り着き無事スタートできました。

こちらはスタート直後の様子。
ルタマヤ2014③

初日は初参加で慣れていないチームが多いので
皆ぶつかりまくりの転覆しまくりで
大変なことになっていました。

我々はなんとか回避し順調にスタート。
こちらは中間地点。
今年は余裕があります。
ルタマヤ2014④

そして無事にゴール!
初日は6時間55分でした。

そして二日目。
ルタマヤ2014⑤

スタート地点でレース開始を待つのですが、
当然川の流れがあるので待つのも大変なんです。

ここからは大雑把に。
二日目は最長距離なんですが、
ここも順調に漕ぎ続け、7時間55分でゴール!

去年は海風による逆風と思いのほか長い距離に
疲労困憊だった三日目ですが、
今年は風が弱く水量も多かったので
だいぶ余裕を持ってのゴール!
6時間24分でした。

そしてこちらは最終日のスタート地点。
この中にマリオが混ざってます。
実に目立ってました。もう1艇のジャパン艇です。
ルタマヤ2014⑥

4日目になってもまだまだ元気な我チームは
順調に漕ぎ続け、マングローブ林を抜け、
ゴール直前までやってきます。
そこでゴールの橋に見えたのがこちらの日の丸。
ルタマヤ2014⑦

励まされます。

そしてお返しとばかりにこちらも
ボートの上から日の丸そしてベリーズ国旗の
2つ括りつけた棒を必死にふります。
まだ遠い。
ルタマヤ2014⑧

この間、ボートの舵取り役の自分はほとんど漕いでません。
なのでゴール目前にしてボートは右往左往。

この棒結構重くて大変だったんですが、
なんとかゴールまで振り続け無事ゴール!!
ルタマヤ2014⑨

4日間合計で25時間でした。
ちなみに必死に振っていた旗は振らずに掲げてるだけの
方が観客からよく見えていたそうです。
あんなに必死にふってたのに。。

こちらは地元のジュニアカレッジチーム。
このチームとはずっと競っていたのです。
そしたらレース後、そのチームの選手に
こんな予想外なことを言われました。
「君たちの漕ぎ方はすごいね。とても力強い。」
またそのチームのコーチからも
「君たちみたいに大きく力強く漕ぐように
 うちの選手にも見習うよう言っていたんだよ」と。

普通にこれだけ聞いたらそんなに違和感はないのですが、
実は彼らと我々ではボートもパドルも種類が違うのです。
我々のはただの観光用なのでボートもパドルも重く、
本来こんなレースに出られるものではないのです。
パドルなんて4,5倍は重いです。

そんなパドルを使っているので仕方なく一回を大きく漕ぐしか
なかったのです。
それを軽いパドルを使っているチームが真似をする必要はなく、
うちらも出来ることならもっと軽快に回数を稼いで
漕ぎたかったんです。
まさか観光用ボートのチームが目標にされるとは。笑
ルタマヤ2014-10

こちらはアメリカ人の友達とかがいたチーム。
レース中は全然見ていませんが、かなり右往左往していたそう。
ゴールではめちゃくちゃテンション上がってました。
ルタマヤ2014-11

表彰式会場でチームジャパンで記念の一枚。
ルタマヤ2014-12

最後にマリオの帽子だけ借りてみました。
ルタマヤ2014-13

<< 激安タブレットを触ってみた | ホーム | 同期の送別会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。