FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国間際で配属先変更

もう帰国まで2ヶ月を切ったこのタイミングで
配属先を変更します。

通常、帰国2ヶ月前であれば活動の締めとして
後任や現地の担当者に引き継ぎを行う時期で
メインでの活動よりもサポート的な活動になると思うのですが、
自分の希望で配属先が変わることになりました。

もともと関係が良好で無かったメイン校の校長ですが、
ずっとごまかしながらここまでやってきたものの
肝心のコンピュータ授業がどんどん縮小化されていき
とても授業とは言える状況で無くなってしまったので
JICAスタッフの方に相談し、配属先の変更を決断しました。

メイン校のみコンピュータ授業が有料で1回わずか10円程度
ですが、コンピュータ教育が重要であると家族が
思っていないようで皆お金を持ってこず、生徒は減る一方。

他校では生徒が授業料を払わず、コンピュータ授業を
受けているので同じ仕組みにしたいと校長や他の先生に
訴えかけてきましたが、受け入れられず
悪化の一途を辿っていたので最後までこの学校にいられないのは
残念でもあるし悔しいのですが決断しました。

最後にJICAスタッフの方と一緒に校長と面接し、
「Mr.Binoがコンピュータ授業が少ないことに不満があったことは
理解しているが、コンピュータ授業は優先される科目ではない。
主要科目を優先しなければならない。」
と言われ、
それであればもう少し柔軟に、他校でのコンピュータ授業などの
こちらの提案を頑なに固辞しなくてもいいのにと
やはり最後までその考えは理解出来ませんでした。

効率や有益などを求めず、決められた通りに役割を
こなすことを良しとする考えが強いとそうなるのかなと
思っています。

それでどこの配属先になるかと言うと、
Toledo地区の教育センターになります。

ずっと前から小学校教育であれば、
コンピュータ隊員は学校配属よりも
教育省配属の方が良いと思っていました。

単独の学校に配属されても週で授業数は多くても15くらい。
10以下のケースも良く聞きます。
他国のケースは分かりません。

やはり1校ではどうしても数が限られるし、
校長や先生もよく入れ替わるので
運悪くコンピュータ授業への理解が得られなければ
活動が非常に制限されます。

その点、教育省などの学校を取りまとめている
部門に配属されれば現状のニーズがある
学校で授業を持つことが出来、
週に何校も巡回出来、メンテナンス等の目的で
学校を幅広く回ったり、
教育省としてのやりたいことを現場に伝える役目も持てます。

ということで、自分としては理想としていた
教育センターへの配属が決まりました。

メイン校以外の3校はこれまで通りに教えに行くので
週2日は教育センターで残りは各学校を巡回します。

この配属先変更の話が始まったのは2ヶ月前。
最終的に決まる(新配属先からレターをもらう)までは
安心出来なかったのでブログに書くことが出来ず、
気がつけばもうこんなに経っていました。

帰国便も決まって、こんな時期に配属先変更をする人なんて
いないでしょう。
かなり異例なことだと思います。
それでも残りの活動を有意義なものとし、
やり遂げて帰りたいと思います。

<< スペイン語と魚釣り | ホーム | 帰国フライトが決まりました! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。