FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の学校を訪ねて①

この前、週の半分を巡回先の学校でお休みを頂いて
ベリーズの北にあたる地域の学校の視察を行いました。

普段自分が活動しているベリーズ最南端の地区
プンタゴルダはベリーズでは最も貧しい地区で
他の地区よりも家庭環境も貧しく、
学校の運営費も少ないです。

プンタゴルダにはコンピュータ自体は寄贈品で
学校にあっても教える人がいないからただ放置されているだけ
といった学校が何校かあり一つの問題となっています。

そこにはコンピュータの専任教師が高校にしかおらず、
小学校にはいないという背景があるため
現在ボランティアが小学校に入って教えているという状況になっています。

そうした状況で、いろんな人に聞いたところ
数校コンピュータ教師がいる学校があるということで
その学校をメインに訪ねました。
------------------------------------

ここまで書いたのは3ヶ月ほど前。
ここまで書いたのに結局書ききらず放置されていました。
ただ結構思い出深い出来事だったし
今の動きにも非常に繋がっているので簡単にですが、
書きます。

要はベリーズ北部の学校のコンピュータ授業を
視察しに行ったっていう話です。

【1校目】
まずは最北端の町、コロザル。
優秀な学校として表彰されたこともあるという
進学校にお邪魔しました。

ここにはパソコンが30台ほどあり、
整備されたコンピュータルームがあるものの
コンピュータの授業は行われておらず
たまに他の強化で使う程度ということでした。
とても勿体無い。
こういう環境には是非隊員が入るべきだなという
印象を受けた学校でした。
校長のビジョンもとても明確だし
先を目指していることも伝わってきたので。
実際にJICAの隊員を入れるにはどうしたらいいか
具体的な質問も受けました。
そのうち入るかも。

【2校目】
同じコロザルのもう一つの進学校。
こちらはアポ無しで突撃訪問。

そうしたらなんと運良くコンピュータの先生がいる学校でした。
小学校でベリーズ人がコンピュータを教えている学校は初めて。

しかもとても良い人で、こういう出会いを待ってたと
丁寧にコンピュータルームの説明をしてくれました。

更に昔別の学校配属だったコンピュータ隊員がこの学校にも
手伝いに来ていたようで、
この先生は会ったことがないそうですが、
資料は残って活用されていました。
これは本人も聞いたら嬉しいと思います。
ちゃんと今に繋がっています。

この先生に自分が作っているコンピュータ教本の話をしたら
とても興味を持ってくれて是非使いたいということだったので
出来次第、持ってくることを約束しました。
(ここ重要)

【3校目】
コロザルから少しいったところにある村の学校。
同期隊員配属。

この学校にも2代に渡りコンピュータ隊員がいました。
それでも今は全く授業がされていません。
これは珍しい話ではありません。

それほど現地の先生へ引き継ぎ、継続することは難しいのです。
その辺が自分が現地の先生へ引き継ぎにはどうするかを
ずっと悩んで、いろいろ考えてきた部分でもあります。
その答えの一つが教本です。

長くなってしまったので第一部はこれで。

<< 北の学校を訪ねて② | ホーム | 雨を予知する! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。