FC2ブログ

プロフィール

Yuki Hibino (Bino)

Author:Yuki Hibino (Bino)
赴任国:ベリーズ
職種:PCインストラクター
活動内容:マヤ族の村の小学校でコンピュータ教師として活動しています

にほんブログ村ランキング

カウントダウン

カウンター

最新記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

リンク

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に

早いもので帰国してから半年が経ちました。
日本帰国後はすぐ職場に復帰することになっていたこともあり、
日本社会を忘れずに2年間を過ごしたつもりでいましたが、
やはり現実はそう甘くなく慣れるのに苦労しました。

自分としても意外だったのが、
メンタルだけでなく、フィジカル面での適応に苦労したこと。

腰が痛くなったり、眼精疲労に悩んだり、
結構この半年間苦労しました。

最後にそんなネガティブな話ばかり書いてもあれなので
帰国して半年経った今、当時を振り返って締めとしたいと思います。

元から海外には強く興味があり、英語をマスターしたいという思いがあり、
新しいことに挑戦したいというチャレンジ精神&好奇心があり
青年海外協力隊に応募しました。

正直、ボランティアありきでの応募理由ではなかったため、
こんな気持ちでいいのか?と自分自身不安になったこともありましたが、
結果として、それは問題無かったと思っています。

むしろどれだけボランティア志向が高くても、
行動力やスキルがなければ、結果は出ません。

どれくらいの年齢でいくのがベストかという問いにもなりますが、
少なくとも数年は社会人経験がないと厳しいと思います。

でないと、日本との比較もできない。
ベースがないので。

日本のベースに現地の経験を加え、
ようやく柔軟性や理解力に幅が出るんじゃないかと思います。
少なくとも自分はそう実感しました。

当初の目標であった、英語は自分のイメージしていた
ゴールにはまだ到達できていませんが、
少なくとも英語でコミュニケーションをとることへの抵抗は
なくなりましたし、次に取るべき行動も見えているので
満足しています。

活動は1年目は本当に苦しみました。
活動だけをみたら本当楽しかったと思える時間はわずかでした。

しかし、その時の
「自分にもっと裁量が与えられたらもっとやってやる!」
という反骨精神のような気持ちがあったからこそ
2年目の活動に繋がったと思っています。

あのまま周りに言われたまま素直に我慢し続けてたら
我慢しただけの2年間で何も残せなかったと思います。

自分からアクションを取って、学校数を増やし、授業を増やし、
その結果、体育、特に野球&ソフトボールを教える機会を得、
中古タイヤで遊具を作り喜ばれたり、
現地の友達も増え、充実した活動となったと思います。

ベリーズでの2年間は間違いなく意味のあるものでしたし、
それをこれからより意味のあるものにしていきたいと
いう思いもあります。

30代に突入し、自分の立ち位置も変わってくるであろう
今日この頃。

少なくとも自分のやりたいことだけは常に頭に描きながら
生きて生きたいと思います。

途中だいぶ書く頻度も減りましたが、
一応2年間このブログを書き続けられたことは
本当に良い思い出です。
このブログを読んで下さった皆さんに感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。

| ホーム | 明日、ベリーズを発ちます >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。